【どこよりも詳しく一覧比較!】痩身エステで人気の機械を徹底比較!保存版

【どこよりも詳しく一覧比較!】痩身エステで人気の機械を徹底比較!保存版

痩身エステで検索するとずらーっと出てくるエステのメニュー&機械の種類。

「私にぴったりの痩身施術はどれなの?」

2020年、人気の痩身エステに使われる機械の特徴と効果を徹底比較していきます。

人気の痩身エステに使われるマシン&特徴一覧まとめ!

人気の痩身エステに使われるマシン&特徴一覧まとめ!
超音波 ラジオ波 もみほぐし EMS 脂肪冷却
マシン例 HIFE/キャビテーション ハイパーナイフ/インディバ/サーモシェイプ/コアヒート エンダモロジー EMS Cryo-μ(クライオミュー)/ COOLIPO
脂肪分解力 ×
見た目の変化の早さ ×
むくみ緩和力
代謝サポート力 ×
体形維持力(リバウンドしにくさ)

より詳細な人気マシンのスペック・特徴比較に関しては、以下で種類別に解説していきます。

超音波エステの効果【HIFU/キャビテーション】

超音波エステの効果【HIFU/キャビテーション】
※写真はイメージです

超音波=音波による空気振動を使い、血行促進を狙う方法です。

今空前の大ブームであるHIFU(ハイフ)やキャビテーションは、超音波機械の1種です。

簡単にいうと、ハイフはキャビテーションの進化バージョン!

キャビテーション ハイフ
痩身メカニズム
超音波の振動で脂肪層に気泡を大量発生させ、その気泡が破裂する力で脂肪にアプローチ。

特殊なレンズで脂肪細胞に超音波をピンポイント照射アプローチ。
得意な施術範囲
広範囲への音波なので広く浅く

皮下0.45~1.3cmの深部1点の脂肪を分解。腹・ヒップなどのポイント痩せに適している
こんな人に向く
・背中・お腹・太ももなど広範囲の痩身をしたい
・体表面の凸凹やセルライトを緩和したい
・脂肪吸引をせずに脂肪細胞を減らしたい
・超音波振動によるむくみ・冷え性の緩和を目指したい

・お腹の皮下脂肪・お尻周りなど脂肪の厚い部分を引き締めたい
・脂肪吸引をせずに脂肪細胞を減らしたい
・目に見える違いをできるだけ早く実感したい

キャビテーションでは、マシンを肌に接触させ、振動で発生した気泡の衝撃波を脂肪壁の破壊に応用します。
なので、1回の施術ごとに表皮から近い部位にしかアプローチできず、繰り返し行うことで理想の仕上がりを手に入れられます。

ハイフでは虫眼鏡で光を集めるように、超音波を脂肪の深い部分の1点に集中

一方のハイフでは虫眼鏡で光を集めるように、超音波を脂肪の深い部分の1点に集中させて発生した熱で脂肪を破壊していきます。
端的に狙った箇所にアプローチできるため、キャビテーションよりも1回あたりの実感力は高くなると言われています。

また、HIFUは筋膜に熱刺激を与えてリフトアップにも働くので、ヒップ・太ももなど脂肪が厚く、垂れやたるみが気になる個所などに使いやすいです。

浅い部分セルライトの見た目が気になるのであれば、キャビテーション。
厚い脂肪のある個所、お尻や太ももの部分痩せであればハイフなど、上手に使い分けていきたいですね。

ラジオ波エステの効果【ハイパーナイフ/インディバ/サーモシェイプ】

ラジオ波エステの効果【ハイパーナイフ/インディバ/サーモシェイプ】

◇そもそもラジオ波とは?

周波数30~300MHz(波長100km~1m)の高い電磁波を体に当てることで、体内の分子が振動し熱を発生させます。

  • 42-3℃まで体温上昇
  • 代謝効率が上がり脂肪燃焼サポート
  • 冷え性の緩和・温活
  • 真皮にまで熱が到達することでコラーゲン生成

などのダイエット・美容面でのメリットも見込めるのです!

体温を上げて代謝の良い体が目指せます。

太りにくく・脂肪が燃えやすい体に導きたい方、リバウンドしたくない方、冷え性でお困りの方にこそおすすめのメニューです。

◇ラジオ波の種類&機械のバリエーションは様々

アヒートエステ施術の様子 対極板 / 本気の痩身・ダイエットならコアヒートエステにお任せ

ラジオ波エステの機械として有名なものに、ハイパーナイフ/インディバ/サーモシェイプ/ウィンバットなど様々にありますが、ラジオ波の種類がそれぞれ違い「どこまで深く熱を加えられるか」が変わってくるのです。

大きく分類するとラジオ波マシンは次の2種類に分けられます。

その1:浅い部分に対応する【対極板を使わない】

その1:浅い部分に対応する【対極板を使わない】

バイポーラ式・マルチポーラ式のラジオ波が該当します。

バイポーラ式では電極が2つあり表皮~2㎝程度まで、マルチポーラは電極が3つ以上あり、電極間の距離が違うため、バイポーラ式よりもより深部(2㎝+)への加温ができるのが特徴です。

その2:深部まで対応【対極板を使う】

その2:深部まで対応【対極板を使う】

対極板を使う=マルチポーラ式と思って頂いて大丈夫です。

「対極板」と呼ばれる板を体の下に敷き、対極板に向かって高周波を発生させることで表皮~10センチ内臓脂肪まで加温ができます。

ラジオ波の種類についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ここではラジオ波の有名どころのマシンとその特徴を一覧にしてみました。

ハイパーナイフ インディバ サーモシェイプ コアヒート
痩身メカニズム
バイポーラ式

モノポーラ式

独自のユニポーラ

モノポーラ・マルチポーラ+電流の同時出力コンビネーション
得意な施術範囲
表皮~2㎝ほどの深さまでの脂肪を温め、体温を上げていく。

皮下脂肪・内臓脂肪の両方にアプローチ

皮下脂肪・内臓脂肪の両方にアプローチ

表皮~10㎝くらいまで深い箇所まで温め、皮下脂肪・内臓脂肪まで加温。
こんな人に向く
・見た目の変化を早く出したい方
・機械による施術だけで十分だと感じる方

・運動後の温まり方と同じなので根本的な温活をしたい・痩せ体質を作りたい方

・運動後の温まり方と同じなので根本的な温活をしたい・痩せ体質を作りたい方
・見た目の変化&持続的な冷え性緩和も目指したい方

・運動後の温まり方と同じなので根本的な温活をしたい・痩せ体質を作りたい方
・見た目の変化&持続的な冷え性緩和も目指したい方

◇見た目の変化を感じやすいハイパーナイフ

ハイパーナイフはパイポーラ式なので、表皮から2㎝前後の皮下脂肪を効率的に温めていくことができます。

スルメを思い浮かべてみてください。
スルメをあぶるとギューっと縮まりますよね。

それと同じように、一時的に体の表面に熱が加わることで、体の引き締まり・見た目の変化を感じやすいのがハイパーナイフの魅力です。

◇痩せ体質を作りたいならインディバ・サーモシェイプ・コアヒート

一方、より体の深い部分に加温度をするラジオ波を採用しているインディバ・サーモシェイプ・コアヒートでは体の深いところから温度を上げていくので、体の内側からぽかぽかと温まり汗が噴き出してくるような感覚です。

運動をして得る体の温まり方なので、上がった体温が維持されやすく、カロリー消費効率の良い代謝が高い状態が続きやすいです。

◇【欲張りさん必見!】見た目の実感&痩せ体質ならコアヒート

アヒートエステ施術の様子 二の腕 / 本気の痩身・ダイエットならコアヒートエステにお任せ
部分痩せもできるコアヒート

中でも、コアヒートという機械ではすべてのラジオ波の組み合わせが可能なので、表皮~10センチといった幅広い脂肪層の加温ができます

ラジオ波をエステティシャンの両手から出しながらエステを提供できるのも、コアヒートならではの魅力!

  • ラジオ波ハンドマッサージによるもみほぐしで部分痩せをサポート
    ←1人1人に合わせたハンドマッサージだから、ガチガチセルライトさんでも結果が出やすい
  • 浅い部分への加温で皮下脂肪に効率的にアプローチ!キュっとした見た目の引き締まり
  • 深部から体温を上げて痩せ体質に導く

シェイプの変化も代謝アップも部分痩せも…!
欲張りな機能をたっぷり搭載。

機能面でかなり似たウィンバットに比べると、コアヒートはまだ新しく知名度が発展途中のためプロモーション傾向です。

そのため、「より安く、太りにくく痩せやすい体質に変えていきたい」という方にとっては、コアヒートはねらい目ですよ!

ウィンバットとコアヒートの機能面の違い

ウィンバットという機械はコアヒートと機能的に似ていて、3つのラジオ波+フリーハンドモードを搭載していますが、こちらは中周波を出すことができる電極が付いています。

コアヒートではラジオ波とともに電流を流せる機能が付いています。

EMSエステの効果【筋肉ケア】

EMSエステの効果【筋肉ケア】
EMS
痩身メカニズム ・筋トレ状態を電気刺激で作りだす
・筋肉を鍛えて代謝を上げる
得意な施術範囲 全身、脂肪が気になる部位
こんな人に向く ・リラックスしながらしなやかな筋肉を付けていきたい
・代謝を上げて痩せ体質をめざしたい

筋肉に電気の刺激を与えて、強制的に動かす=リラックスしながら筋トレ状態を作り出せてしまうのが、EMSエステです!

筋肉量が増える・筋肉が強くなることはつまり、脂肪燃焼のエンジンが大きくなるということ!
基礎代謝を上げていくことができます。

ただし、いくら筋肉が育っても使ってあげないことには使わないカロリー消費はできません。
それゆえに、EMS単体で提供するエステサロンはほとんどないです。

たとえば、マッサージで部分的な脂肪分解+ラジオ波で代謝を上げた状態からEMSで積極的なカロリー消費のように、組み合わせたメニュー提案が一般的。

カウンセリングで運動指導などをしてくれるところなどもあります。

もみほぐしエステの効果【エンダモロジー】

もみほぐしエステの効果【エンダモロジー】
もみほぐしエステ(エンダモロジー)
痩身メカニズム 脂肪を柔らかくもみほぐし、血行サポート
得意な施術範囲 セルライトの気になる部分、広範囲に使える
こんな人に向く ・冷え・肩こりなどを緩和していきたい
・痩せ体質に導きたい
・余分な水分流し、むくみ・たるみを改善していきたい

エンダモロジーとは、美容先進国のフランスで多く取り入れられているエステマシンです。

ローラーによって脂肪を様々な面でもみほぐすことで、凝り固まった脂肪を柔らかくし、血液やリンパの流れが良くなり新陳代謝アップが目指せるというメカニズムになっています。

脂肪冷却エステの効果【Cryo-μ(クライオミュー)/ COOLIPO】

脂肪冷却エステの効果【Cryo-μ(クライオミュー)/ COOLIPO】
※画像はイメージです
脂肪冷却エステ(Cryo-μ(クライオミュー)/ COOLIPO)
痩身メカニズム 脂肪細胞を冷却して破壊する
得意な施術範囲 脂肪の気になる個所全般・皮下脂肪
こんな人に向く ・脂肪細胞を減らして太りにくい体にしたい
・脂肪吸引をせずに、脂肪をなくしたい
・運動やマッサージなど指示されたことを実践しながら代謝の高い体を作っていきたい

脂肪は4℃で破壊されるということが分かってきました。

ハーバードメディカルスクール(ハーバード大学医学大学院)で研究された「クライオポライシス理論」というものです。
http://paradisso.com/wp-content/uploads/2014/01/selective-cryolisis_2008.pdf

4℃で凍り壊された脂肪は、代謝により自然に排出され脂肪細胞の母数が減るためリバウンドリスクも少ないと言われています。
この理論を応用して作られたのが「脂肪冷却エステによる痩身」です。

「脂肪冷却エステによる痩身」エステ直後から見た目が大きく変わることはない

破壊された脂肪細胞はゆっくりと1か月程度の期間をかけて体外に排出されるため、エステ直後から見た目が大きく変わることはありません。

施術後1週間くらいで

  • トイレの回数が増えたな?
  • 汗をかきやすくなったかな?

といった体調の変化を感じる方が多いです。

ただし!脂肪細胞が減っても、暴飲暴食をしてしまったり、運動不足が続いたり、代謝の悪い状態が続けば話は別です。
脂肪細胞は分裂して増えていくので、また増殖します。

管理がとても大切です。

複合型エステの効果【キャビエスト/セルライトゼロ】

ハイフ+ラジオ波のような多数の機能を兼ね備えたエステマシンもあります。

痩身に有名な機械を一覧にしてみました。

美容機器シエロ ディアーガ キャビエスト セルライトゼロ
痩身メカニズム
HIFU+電極の数が3つのトライポーラ式、6つのマルチポーラ式のラジオ波

HIFUサーマルフラクショナルRF(ラジオ波)

キャビテーション+ラジオ波

ラジオ波、サイクロン吸引、キャビテーション、LD、LED、1台のマシンに5つの機能を搭載
得意な施術範囲
1:HIFUで脂肪細胞を破壊
2:ラジオ波で代謝をあげて脂肪や老廃物の排出を促す

1:HIFUで脂肪細胞を破壊
2:ラジオ波で代謝をあげて脂肪や老廃物の排出を促す

1:キャビテーションで固く頑固なお肉を柔らかく
2:ラジオ波で脂肪や老廃物の排出を促す

1.キャビテーションで脂肪壁を破壊する
2.吸引で肌をもみほぐす
3.ラジオ波で脂肪や老廃物の排出を促す
こんな人に向く
・部分痩せをしつつ代謝サポートをしたい

・リフトアップや引き締めで部位痩せ
・代謝アップを図りたい

肉割れ・頑固なセルライト・足のむくみ・お尻のたるみ・二の腕のたるみ・目元の老化・毛穴の目立ち・シワ・冷え性でお悩みの方

・セルライトが気になる
・体のラインが変わらず悩んでいる
・むくみを改善したい
・肌の引き締めも同時にしたい

中でも、セルライトゼロは1台5役を果たし高い注目を集めています。

搭載されているラジオ波は深部まで加温するモノポーラではないので、内側からジワリとくる感じではありません。

ですが、体のラインを大きく形作る皮下脂肪へのアプローチ面でみると、キャビテーション(脂肪細胞を広く浅い範囲で分解)・ラジオ波(皮下脂肪2㎝程度まで加温)・吸引もみほぐし機能からセルライト・体のラインへ実感力が高く、エステ業界でも主力の機械です。

【温活のできる痩身エステ機械】をおすすめしたい理由

【温活のできる痩身エステ機械】をおすすめしたい理由

「年齢を重ねるにつれて太りやすくなった」そんなお悩みはありませんか?

実は、40歳、50歳、60歳と年を重ねるにつれてエネルギー消費量が下がり、それにより痩せにくくなる、リバウンドしてしまうというリスクが高くなるのです…!

年齢別に見たエネルギー消費量([1]p.60より転載)

30代後半になると10代の頃の50%のカロリー消費量にまで落ち、年齢とともにさらに下がっていくことが分かりますよね。

よって、いくら痩身マシンや脂肪吸引などで脂肪細胞を取り除いたとしても、年齢を重ねるごとに食の量を減らす、運動の回数を減らさないと太るリスクは生涯付きまといます…。

だからこそ、体の温度を上げて、代謝が活発な脂肪が付きにくく燃えやすい体にしてあげることが大切です。

年齢を重ねるごとに、健康的で美しい体を手に入れるためにも、「代謝の良い体つくり」は重視して欲しいポイントなのです!

基礎代謝が上がれば、年齢を重ねても食事を美味しく食べられますし、ちょっと食べ過ぎたくらいでは体に大きな負担になることもありません。

リバウンドや、思うように変わらない体のラインでお悩みの方にこそ、体の芯から温活のできる機械を導入しているサロンなのかに着目していただきたいなと思います。

痩せやすい体つくりをサポート!おすすめの痩身サロン

アヒートエステ施術の様子 お腹 / 本気の痩身・ダイエットならコアヒートエステにお任せ
コアヒート

たとえばコアヒートを導入している痩身サロンでは、温活におすすめのラジオ波=CET・RET・マルチポーラ3種をお悩みや脂肪の状態に合わせて自在にセッティング。

浅い部分での加温で引き締め・リフトアップ&深部からの温めで、赤外線ドームやサウナではできなかった、本当の意味での温活ができます。

さらに、ラジオ波をエステティシャンの両手から送り出しながらハンドマッサージができるため、代謝を上げて燃焼しやすい体とともに、マッサージによる部分痩せのサポートが目指せます。

熟練のマッサージ×温活×2人3脚のアフターケアを受け、すでにたくさんの方から喜びの声がこんなに…!

ラジオ波コアヒート月1回3回目の施術写真

ラジオ波コアヒート月1回3回目のビフォーアフター
※結果には個人差があり、全ての方が同様の結果になるとは限りません。

コアヒートの施術3回でここまでスリムに!

一度で最大限の効果が出るよう、熟練の技術と最新のラジオ波マシンのコアヒートで、自律神経の乱れとエイジングの悩みにアプローチ。

こだわっているのは、1度で効果を実感して頂けることと、持続性です。

担当エステサロンより

コアヒート初回、2ヶ月、5ヶ月後の施術写真

ラジオ波コアヒート初回、2ヶ月、5ヶ月後のビフォーアフター
※結果には個人差があり、全ての方が同様の結果になるとは限りません。

2ヶ月後(7回)、5ヶ月後(17回)の施術写真です。

太もものセルライトを気にされていて、上半身は細いのに足首がないのも悩みのお客様。
冷えもかなりあり、お顔には吹き出物が出るのもお悩みでした。

その為、冷えも改善しながらサイズダウンもできたらとスタート。

回数をこなす度、サイズが落ちるのを実感されていて、3カ月たった頃、ご満足頂けるところまでサイズダウン。

まさかこんなに落ちるとは思っていなかった!と、喜んで頂いています♪

あとは太ももをもっと細くしたいとのご要望で、今は太ももを中心に全身のコアヒートを続けて頂いています。

背中にニキビができやすかったのも、2~3回目あたりからきれいになって、今ではお肌もすべすべ。フェイシャルも定期的にされていますが、お肌の調子も大変良く、ニキビもほとんど出なくなりました。

「部分的にサイズを落とすのは難しいと言われているなか、コアヒートは毎回確実に効果を出してくれるので、施術をする側も本当に感動します。」

痩身はその時は落ちても戻ってしまうことが多く、ホームケアや食事など気をつけて頂く事も必須な中、コアヒートはキープしてくれているので、食事や運動など気をつけて頂く事もなく、毎回効果が出ています。

また、施術中は確実にリラックスしていただけるので、その意味でもご満足度も高く、喜んで頂けています。

担当エステサロンより

痩せ体質を手に入れる!人気の痩身エステ「コアヒート」についてはこちらをご覧ください。